祐親と工藤祐経

曾我兄弟の仇討ちは、伊東祐親と工藤祐経の間の因縁が起点となっています。

そもそもこの2人は元を辿ると同じ伊東氏の一族であり、因縁の遠因となるのが工藤祐隆です。

この祐隆には息子がいましたが夭折してしまい、養子として義理の娘の息子である祐継を迎え、大部分の所領を譲りました。

しかし、祐継は実は祐隆が後妻の娘に生ませていた実の子であった事が分かっています。

また、祐隆には他にも祐家という息子がいましたが、こちらも若くして亡くなり、祐隆の孫にあたるのが祐親で、彼にも領地の中の河津荘を譲っています。

そして、祐継がいよいよ亡くならんとした時に幼い祐経の後見人として頼まれたのが祐親でした。

若い領主である祐経にたいして後見の役を勤めていた祐親は、祐経を上洛させて本家の仕えるように仕向けています。

祐経が京にいる間に、伊豆の荘園の実権を握った祐親は、後見人と総領の立場を逆転し、自らを祐経よりも上位にする事に成功しています。

同時に祐経に嫁がせていた自分の娘・万劫御前を勝手に離縁させて相模の土肥実平の嫡男遠平との再婚をさせました。

こうなってしまうと祐親と祐経の間には緊迫した感情が生まれるのは避けようもなく、祐経は祐親暗殺の計画を練り始める事になるのです。

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2011 曾我兄弟の仇討ち〜親子愛、兄弟愛〜. All Rights Reserved.