時代背景と有名人物

曾我兄弟が生きた時代にも注目してみましょう。

この頃は平安時代から鎌倉時代に移り行く時代であり、武士が台頭して実権を握り始めた頃です。

曾我兄弟の関連する事で欠くことの出来ない歴史上の有名人物となるのが源頼朝です。

頼朝の父・義朝が平治の乱で破れると頼朝は伊豆国に流刑となり、そこで監視役となったのが兄弟の祖父・伊東祐親でした。

その後、平家打倒を目指して挙兵すると鎌倉を本拠地にして鎌倉幕府を開き、平家討伐を行います。

建久3年(1192年)に征夷大将軍に任じられるや武家政権が発足して幕府による支配が明治維新が行われるまで続く事になるのです。

また、曾我兄弟の仇討ちに際して、暗躍していたのではと考えられる歴史上の人物に北条時政がいます。

時政は前妻が祐親の娘であった為に兄弟を庇護し、弟の箱王丸(後に曾我五郎時致と名乗る)の烏帽子親となっています。

時政は頼朝配下の重臣として大いに手腕を振るったとされていますが、更なる権力の座に上り詰めんとして頼朝暗殺を仇討ちにかこつけて兄弟をたきつけたともされています。

この辺りは曾我兄弟の仇討ちに隠された陰謀として知られますが、本当に陰謀であるなら武家社会となった鎌倉時代においては大変な反逆であるので、当時の社会的な影響も相当なものがあったのではないかと推測されます。

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2011 曾我兄弟の仇討ち〜親子愛、兄弟愛〜. All Rights Reserved.