曾我兄弟の最期

曾我兄弟の仇討ちが行われた建久4年5月28日(1193年6月28日)当日から処刑までの流れを追ってみましょう。

この時期に源頼朝が富士山の裾野で盛大な巻狩りを開いていた最終日に兄弟は敵の工藤祐経の寝所に押し入り、仇討ちを決行します。

伝承によるとこのこの時刻は雨が降っていたとされ、雨と風の音に紛れて侵入したとのことです。

兄弟が祐経の寝所に侵入した時、祐経は酒を飲んで遊女と寝ていましたが、首尾よく討ち果たしました。

その時、五郎が止めを刺すのに使ったのが、以前祐経から譲られた「赤木柄の短刀」であるとされます。

その後は騒ぎが起こり、集ってきた御家人に兄弟は取り囲まれ、兄の十郎は豪胆な武士として知られる新田四郎忠常に討たれ、弟の五郎は御所五郎丸によって女物の着物に絡め取られるようにして捕われてしまいました。

翌5月29日、五郎は頼朝の面前で仇討ちに至るまでのいきさつや心情を述べたところ、兄弟の父への孝心から一時は助命を考えた頼朝でしたが、祐経の遺児・犬坊丸の手前、斬首する事が決まったのです。

兄十郎享年22才、弟の五郎は20才で、若くして生涯をとじました。

兄弟のお墓は十郎が討ち取られた富士宮市・上井出字上原の曾我八幡宮の東側に据えられ、今も供養する方が絶えません。

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2011 曾我兄弟の仇討ち〜親子愛、兄弟愛〜. All Rights Reserved.