兄弟と源頼朝との関係

曾我兄弟の祖父・伊東祐親の代から兄弟に関連ある人物が、鎌倉幕府を開いて鎌倉幕府初代将軍となった源頼朝です。

頼朝は伊豆に流人とされていた時分に祐親に監視されていまた。

しかし、祐親の娘・八重姫は、頼朝と通じてしまい男児・千鶴丸をもうけてしまいます。

これに激怒した祐親によって千鶴丸を滝壷に沈めて殺害され、頼朝自身も暗殺もされようとしましたが、北条時政の館に匿われて無事であったといういきさつがあります。

これにより、頼朝は祐親に恨みを持っていることは充分に考えられ、報復として祐親の嫡男・河津祐泰を殺害させたとする見方をする方もいるでしょう。

また、兄弟の仇である工藤祐経は元は平家に仕えていたものの、頼朝が実力を握ると共に従者として納まっていた事も憎しみに拍車をかけたのではないでしょうか。

祖先は同じ一族でありながら祐親派と祐経派で分かれて対立していた事から、曾我の里で祐経、引いては源一派への嫌悪感を感じながら兄弟は育っていたともいえます。

仇討ち当日も、祐経を討ち取った後に、頼朝の館へも侵入したとされますから、兄弟の目的は仇討ちだけではない可能性も伺えるのではないでしょうか。

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2011 曾我兄弟の仇討ち〜親子愛、兄弟愛〜. All Rights Reserved.